栄一

夢が叶った―! 日本は商売がまだまだだからなぁ~。

これから日本のために頑張るぞ!

〈明治6(1873)年―ある日のエピソード〉

栄一

これからは、いよいよわずかな利益をあげながら、社会で生きていかなければならない。

そこでは、どんな志を持つべきなのだろう・・・

栄一

『論語』いいよね。

『論語』を使いたいなあ。

『論語』で商売っていける気がする。

玉乃世履

君ほどのものが、卑しむべき金銭に目がくらんで、

官僚を去って商人になるとは実に呆れた。

栄一

玉乃さん、ご忠告ありがとう。

・・・・・・けれど、私は『論語』で一生を貫いてみせるよ。

金銭を取り扱うことが、なぜ賤しいのだ。

君のように金銭を賎しんでいては、国家は立ち行かない。

民間より官の方が貴いとか、爵位が高いといったことは、実はそんなに尊いことではない。

人間が勤めるべき尊い仕事は至るところにある。

官だけが尊いわけではない。

玉乃世履
”(-“”-)”・・・・・・
(そして帰って行った)

栄一

あっちゃー、言っちゃったよー

『論語』、本気で読むしかないな。

まぁ、子らと一緒に勉強するのはなかなか面白いからいいか

(その後渋沢栄一が論語を習った先生たち)

中村敬宇(けいう)先生・・・(1832~1891)明治の六大教育家の一人

信夫恕軒(しのぶじょけん)先生・・・(1835~1910)東京帝大講師

宇野哲人(てつと)先生・・・(1875~1974)今上天皇の称号「浩宮」の名付け親

小学生でも分かる『論語と算盤(ろんごとそろばん)』次のお話

記事一覧はコチラ

おすすめの記事