適材適所は難しい

栄一カエル
適材適所は一筋縄ではいかぬ

社長・雇い主
例のポストには誰が向いているかなぁ・・・
彼を今の仕事で終わらすのは勿体ないなぁ・・・
どいつもこいつも帯に短したすきに長しだなぁ・・・

たくらみの潜む適材適所

自分の権力拡大によく使う手

自分の子分の中から良い人材を適所に送り込んで、

一歩一歩、一段一段、じわじわと自分の勢力をうえつけ、

少しずつ自分の権力の基盤を踏み固めていく。

栄一カエル
政界や財界では、自分たちの派閥拡大によく使われる手段だね。
しかし、こんなことは私の学ぶとことではない!!!
適材適所の観点では、あの徳川家康公とも自分は目的が違う。

渋沢の信念

わたし渋沢は、渋沢の心をもって、自分と一緒にやっていく人物に相対する

適材が適所で働き、

その結果として、何らかの成績をあげることは、

その人が国家社会に貢献する本当の道である。

それこそがわたし渋沢が国家社会に貢献する道ともなるのである。

栄一カエル
謀略(ぼうりゃく)に巻き込んでその人に汚点をつけない。
秘蔵っ子(ひぞうっこ)として、自分の手元から出さないような罪な行いは決してしない。
その人が活動する天地は、自由なものでなければならない。
人は平等であり、しかもその平等はケジメや礼儀、ゆずり合いがなければならない。

小学生でも分かる『論語と算盤(ろんごとそろばん)』次のお話

記事一覧はコチラ

 

おすすめの記事