なかなか出世(しゅっせ)できない若者が、何か悩んでいます。

活躍できる仕事がないなあ

でっかい仕事がしたいけど、頼りになる先輩がいないよ

やる気はあるけど環境がないなあ

早く仕事を覚えたいのに応援してくれる人がいないよ

出世の仕組み

みんなこまっているよ。
コネや人脈、環境がないみたい。

栄一カエル
なるほど、そうですね。
どんなに優秀な人でも、才能を見つけてくれる先輩や環境がないと、力を発揮(はっき)して出世でるきっかけがなかなかありませんよね。
【図1:出世するしくみ・ふつうの人(タップすると拡大)】

 

栄一カエル
有力な先輩を知り合いに持つとか、親類に有力な人がいるという青年は出世できるチャンスも多いでしょうね。
しかし、ここまではふつうの人のお話です。

栄一カエル
ここからは優秀な人の場合です。
【図2:出世するしくみ・優秀な人(タップすると拡大)】

自ら箸をとれ

栄一カエル
職場と仕事はこちらが用意して待っています。
こちらが用意したものを食べるかどうかは、箸をとる本人の気持ちの問題でしかありません。

ごちそう(=職場)のこんだて(=仕事内容)を前にして、どうするかってことかな。

栄一カエル
そうそう、先輩も上司も世間も暇じゃないからね。
あの豊臣秀吉も最初は身分が低く、つまらない仕事からだんだん出世していったんだよ。

でも、すんごい優秀な学校をトップで卒業したような人だと、最初からつまらない仕事はしたくないんじゃないの?

栄一カエル
先輩が新米にたいして、「こんな仕事を?」と思えるような仕事をまかせるのには訳があるんだよ。決してその人を馬鹿にしているわけじゃない。

どんなわけがあるの?

栄一カエル
その先輩にしか分からない理由があるはずだから、まかされた仕事をきちんとやればいいんだよ。

はぐらかされた???

栄一カエル

どんな小さな仕事でも大きな会社、大きな事業の歯車の大事な一部なんだよ。

細部がきっちりできていないと全体にけじめがつかなくなる。
若いうちから、細かい仕事について「なんだこれぐらい」と考える癖がつくとよくないね。
扱うお金の金額が大きくなるにつれて、大きなしくじりをやってしまいやすくなるというものだ。

水戸光圀
小さなことは分別せよ。大きなことには驚くな。

黄門様、また出たよ!

栄一カエル
受付や帳簿といった与えられた仕事を、その時の全生命をかけてまじめにやれない者は、
手柄を立てて立身出世の運を開くことはできない。

小学生でも分かる『論語と算盤(ろんごとそろばん)』次のお話

記事一覧はコチラ

おすすめの記事