栄一カエル
みんなが大いに働いて世の中に物がたくさん行き渡っています。
もし、このみんなが自分のもうけのことしか考えず、「他はどうなってもいいや」と考えているとしたらどうなるでしょう。
「他はどうなってもいいや」のイメージ図

お金もうけを目的に働くとはけしからん。
社会のためになる道徳こそ大事にすべきだ!!

社長や社員、アルバイトまでみんなが
「もうけられさえすればそれでいい」
と考えていたらこの国は大変なことになってしまう。

みんなのことを考えずに、
自分のことばかり考えていたら、
しまいにはほしいものを人からうばいとらないと満足できなくなる。

栄一カエル
おわかりでしょうか。
あまりにもみんなが自分の利益しか考えないようになれば、こういうことになるのです。
そして今度は、それに反発して怒る人たちが、
「利益はよくない」とか「欲望を捨てろ」とか
「昔はよかった」とか「時代にさからう」とか
極端なことを言い始めるようになります。

自分のことばっかりでも違うし、
自分はどうでもいいから世の中のために尽くすというのも違う、
ということですか?

もうからないと楽しくないぞ~♪

栄一カエル
まったくカラスくんの言う通りです。
自分のために。自分がもうかる。自分が楽しい。
そういう気持ちは当たり前のことなのです。
その上で社会のことも考えたり、世の中の役に立つことを考えたりすればいいのです。
思いやりや良心をしっかりと持ち、
自分の成功やもうけなどの欲望を素直に受け止めながら
前に進んでいきましょう。

小学生でも分かる『論語と算盤(ろんごとそろばん)』次のお話

記事一覧はコチラ

おすすめの記事