お母さんにおこづかいを上げてもらいたいな~。
ぜんぜん足りないんだ~。

ぼくも今月はお手伝いをやってないからおこづかいがたりないな~。

栄一カエル
2人とも、
お金はよく集めて、よく使うのが基本だ
ということを知っていますか?

ぼく、お金大好き。なんでも買えるもん。

ぼくもお金は大好きだし、おもしろいと思ったよ。
こないだね、読まなくなったマンガをお父さんといっしょにリサイクルショップに持って行ったら
お金をもらえたんだ。

栄一カエル
そうですね。
お金はどんなモノにも変わるからとても便利です。
そしてお金はモノと違って、
分けることができる便利さ
があります。
さらにお金には
モノの価格・値段を決めることもできる
というすごい技があるのです。

分けることができるってどういうことですか?
図1:パフェとコーラ

ここにパフェとコーラがあります。
これをぴよちゃん、カラスくん、二人で分けてと言われたら困りますよね。

困るというか、できないんじゃないかな。

栄一カエル
では、お金ならどうでしょう。
このセットの値段は700円です。

350え~ん!

栄一カエル
はい、分けることができましたね。

モノの値段をお金が決めることができるってどういうことかな?
図2:2つのセット

栄一カエル

ここに【和菓子(セット】があります。

【パフェとコーラのセット】と【和菓子セット】では
どちらの値段が高いでしょう?

ぼく、どっちも好き。

好きと値段は関係ないんじゃないかな。

栄一カエル
そうですね。
値段を決めるのは、売る人やお店ですからね。ここで、お店のメニューに書いてある値段を見てみましょう。

図3:セットの値段

栄一カエル
もし、お金というものがなければ、
この二つのセットの
価値をくらべるのは難しくなります。けれども、お金であらかじめ値段を決めておけば、
それぞれの値段・価格・価値は、
簡単にくらべることができます。

お金ってすごいね。とっても便利だ。

栄一カエル
そう、お金はモノの価値を決めます。
ですからお金は大切にしましょう。

栄一カエル
さらに、お金は社会の力をあらわすための大切な道具でもあります。

栄一カエル

一つ一つの家、お店、会社のお金の量が、そのまま力をあわらします。

そのお金の力をよく集めて、よく使うことで社会を活発にして、
経済活動の成長をうながしていくのです。

大人になったら自然にお金の使い方がわかるようになるのかな。

栄一カエル
そうではありません。お金を上手に使える大人になるためには
お金の本質を知らなければなりません。
お金に振り回されている大人もいます。よく集めて、よく使うということは正しく支出することです。
すなわち、お金をよいことに使っていくということです。

そういえば、ぼくのお母さんも家計簿とにらめっこしながらいっぱい考えているみたい。
お父さんも会社でいっぱい考えているのかな。

栄一カエル
そうですね。きっといっぱい考えていますよ。
どうすればお金を大切にできるかどうかは、
お金を持っている人の『人格』によります。

人格ってなんですか?

栄一カエル
人格とは、人としての人間性、人としてのあり方です。
子どものうちは大人からお金をもらって生活していることでしょう。
その使い方もよく考えて使う努力をしてみてください。大人からお金をもらったら、当たり前だと思わずに
「ありがとうございます。」
と感謝の気持ちで受け取りましょう。

どんどん大人へと成長する中で、ケチになりすぎたり、無駄づかいばかりする人間にならないように、
日々の努力を大切に生活することを覚えていてください。

小学生でも分かる『論語と算盤(ろんごとそろばん)』次のお話

記事一覧はコチラ

おすすめの記事